Googleドキュメントの音声入力を使った感想

Pocket

出張先で同僚がヒアリングをしてきた内容を文字起こししようと思ったのですが、
1時間くらいの音声データだったのでツールに頼ろう!

ということで、Googleドキュメントの音声入力を使ってみました。
使い方は慣れると簡単ですが少し手こずったので、使った感想と使い方をまとめてみました。

音声入力の機能は声を文字にしてくれる優れものです。
音声をテキスト化してくれるツールやアプリはありますが、Googleドキュメントの音声入力の精度は高いです。
漢字への変換の精度はとても高いので、修正の手間が少なくて済みます。
しかも無料!

メリットは大きいですが、デメリットといえば、他の作業をしようとクリックしたら音声入力が中断することです。
なので、休憩中などパソコンをしばらく触らないときに実行するのが賢いです。

あと、Googleドキュメントは対談には不向きです。
特に、
・会話に長い間が空いてしまう
・会話する人が入れ替わる
と、音声入力が中断してしまいます。

性能がいいためか、音声入力がないと認識するんでしょうね。
中断したときは手動で入力を再開したらいいのですが、
目が離せないのでせっかくのツールの意味がなくなります。。。

ヒアリングやインタビューに向いている音声入力の方法があれば知りたいです。

Googleドキュメントで音声を文字にする方法

思ったより苦労したのが、音声を文字にする設定です。
パソコンで再生した音声を直接パソコンに入力する設定が必要になります。

ツールバー右下のサウンドのアイコンを右クリックしたら
「サウンド」
が出てくる、と調べたサイトには書いてあったのですが、
Windows10だからか、表示されなかったです。

この場合は、「サウンドの設定を開く」をクリックします。

「サウンド」の入力をマイクからステレオミキサーに変更すればいいのですが、初めて設定するときは表示されていません。

そのまま下にスクロールして、関連設定にある「サウンドコントロールパネル」をクリックします。

録音タブに表示されている「ステレオミキサー」を規定値に設定して適用そして保存すれば設定完了です。
ステレオミキサーが表示されていない場合は、右クリックで隠れたアイコンを表示、みたいなのをすると表示されます。


あとはテキスト文字化したい音声をパソコンで再生すると同時にGoogleドキュメントの音声入力を再生すると文字への変換が始まります。

「ツール」から「音声入力」をクリックするとマイクのアイコンが表示されるので、クリックすると録音開始します。
下の図のようにオレンジ色になっているときが録音中です。

Googleドキュメントの音声入力はパソコンでのタイピングの代わりに声を拾って文字化してくれるのでとても便利です。
特に、大量の文字を書く場合は話す方が早いので、ざっと文字化するときには役立ちます。

ヒアリングにはちょっと不向きでしたが、機能としてはかなり高性能なので、仕事やビジネスでの時間短縮やメモツール等に活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました