zoomで面接

Pocket

テレワークが導入されて、オンライン会議や複数人とのコミュニケーションに大活躍なのがzoom(ズーム)。

大人数だと時間制限があるけど、1対1の2人なら無制限で使える、無料でも使い勝手がいいアプリです。

プライベートや仕事では使ったことがありましたが、先日、zoomで面接がありました!
めっちゃ緊張。
これから新卒の就職活動でオンライン面接が増えると思うので、感想とポイントをまとめてみました。

距離感やボリュームを確認しておく

パソコンかスマホ、どちらの場合もカメラを使ってビデオをオンの状態でミーティングを始めますが、カメラとの距離感に迷います。
近すぎると怖いし、遠いと表情がわかりにくいです。

また、遠いと声が聞こえにくくなります。
内蔵のマイクはけっこう高性能なので声を拾ってくれますが、実際どれくらい聞こえているかわかりにくいです。

普段話していてもあると思いますが、少々聞こえにくくてもあまり会話を止めないですよね。
もしかしたら、聞いているように見えて、あまり聞こえていない可能性があります。

声が聞こえづらいなんて、面接では致命的!
何度か練習して慣れておきましょう。

操作に慣れておくこと

zoomの使い方を簡単に説明すると、登録してログイン、そしてミーティングに参加です。
誰かとつなぐことをミーティングと表現しているので、最初は戸惑います。

ミーティングを開催する場合は専用のURLが発行されるので、参加者に連絡します。
招待される場合は、専用のURLをクリックすればミーティング参加になります。

あとはビデオをオン(カメラで自分が映し出される)するだけでミーティングはできます。
気を付けたいのが背景です。
zoomでは好きな画像データでバーチャル背景を設定することができます。

背景は大事!
バーチャル背景を設定しようとしたけど、背面の家具を認識してしまって不格好になったから、仕方なく背景なしで部屋もろ見えでやりました。
一面が壁のところがなかったので、生活感が出て恥ずかしかったですね。

気になる面接の出来ですが、少し聞き取りにくいところはありましたが、順調にできました。
慣れると直接会っての面接と変わらずできる、という感触でした。

ただ、家だとリラックスしてしまうので、表現や姿勢に気を付けていないと、気が抜ける可能性があります。

電話が苦手な人は何度か練習しておくといいかもしれません。

この調子でどんどん面接するぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました