不況の原因と暗号資産への影響

Pocket

投機として、分散投資として暗号資産(仮想通貨)を持っている身として、
新型コロナウイルスが暗号資産市場にどう影響するのか気になるところです。

暗号資産の専門家が分析した内容の記事を読んだのですが、すごくわかりやすかったです。

感想としては、暗号資産は安泰とまでは言い切れないけど、簡単には崩れないということ。

その記事には不況の原因は「生産性」と「レバレッジ」の二つ、と書いてありました。
生産性が低下し、負のレバレッジがかかって景気が悪化するということです。

コロナショックはリーマンショックと比較されるところがありますが、決定的に違うのはコロナショックは生産性のみ低下していて、しかも自ら生産性をオフにしているということです。

外出自粛やテレワークなどで生産性が下がるようにしているけど、解禁(生産性オン)すれば完全でもないけど回復するだろうという安心材料があります。

レバレッジがかかってしまい、歯止めがかからなくなり急降下したリーマンショックほど悲観的にならなくてもいいですが、これ以上続くとレバレッジがかかる可能性もあるとのことでした。

暗号資産の特徴は非中央集権、つまり国が管理しているわけではないので、国の状態が直接は影響しないということです。
ビットコインはデジタル上の「金」に相当するものとして世の中に出ました。
金の価格は上下するけど、特定の国の景気に左右はあまりされません。
そう考えると、暗号資産もコロナショックの影響が比較的少ないように感じます。

あくまでも傾向の話なので鵜呑みにするのはあれですが、今後に備えて暗号通貨に分散投資するのも一つの方法かな、とも思いました。

周りの情報に流されるのではなく、原理原則を見極めながら、歴史も知ったうえで判断していくのは大事ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました