テレワークが導入されたのでスケジュールを立ててみた

Pocket

新型コロナウイルスの影響で学校が休校になり、大型イベントを中止にするほどになっています。
どう考えても一番人口密度が高いであろう通勤電車でのリスクを下げるために、テレワークの導入が推進されていますね。

うちの会社は在宅勤務でもできる仕事ということで、テレワークを導入しようということになりました。
世間の流れもあるし、万が一のことがあっては、ということで決定しました。

ともあれ、3月上旬からテレワークをするのですが、
テレワークって、そもそもどんな意味なのでしょうか?

てっきり、テレフォンワークかと思っていたら、ちょっとおしかったです。
テレは「離れたところ」という意味なので、テレワークは情報通信技術が発達したことで離れていても自由にどこでも仕事ができる働き方、ということになります。

今はウェブカメラがあればネット会議ができるし、音声だけでよければ対話できるツールはたくさんあります。
僕も時々仕事でGoogleのハングアウトを使ってウェブ会議をしています。

ということは、テレワークは在宅勤務ではない、ということですよね!
つまり、フリーランスみたいな働き方ということになるので・・・

フリーだーーー!!

というと会社に怒られますが、効率よく働けることは会社にとってもいいのでウィンウィンだと思っています。
自由だからこそ、ちゃんと考えておかないとあっという間に1日が過ぎてしまう・・・
ということで、スケジュールを立ててみました。

7:00 起床
7:30 仕事開始(頭を使う仕事を中心に)
10:00 小休憩
10:10 仕事(ヘビーな仕事を中心に)
12:00 昼食
12:30 仕事に関する本を読む
13:00 仕事再開(作業的な仕事を中心に)
15:00 仮眠
15:15 仕事(まとまった時間が必要だけど軽い感じの仕事)
17:00 終了

うん、これでいいのではないでしょうか!
僕は頭の切り替えとリセットに小休憩や仮眠を多用する派なので、
テレワークだと実践しやすくなるのでうれしい。

しかも、好きな場所でできるので、日当たりのいいカフェでの作業も取り入れたいなと思っています。

自由な時間になるとだらけてしまうこともありますが、
いい意味で自分をだまして、いい気にさせて、
効率のいい、流れるような仕事ができたら最高だな!と感じています。

これからはテレワークの時代にどんどんなっていくと思うし、導入して実績を出している会社もあります。
眠っている才能や人材を活かせるのがテレワークだと思うので、これを機に広まってほしいですね。

早くテレワーク、始まらないかな~

コメント

タイトルとURLをコピーしました