ポケトークの生みの親がカンブリア宮殿に出演


2020年1月9日のカンブリア宮殿のゲストは、ソースネクスト社長の松田憲幸氏。

僕の中でのソースネクストはパソコンのセキュリティソフトのイメージですが、

そう、ソースネクストはみなさんご存知、
ポケトーク
を作っている会社です。




つまり、ソースネクストはポケトークの生みの親がカンブリア宮殿に出演したということです。
あ~、仕事が早く終わったら見たかった~

ポケトークは74言語に対応している、まさしく夢の翻訳機。
SIMは入っていますが、スマホや携帯電話のような契約は不要、通信料は無料で2年間使い放題です。

小さいころ、ドラえもんの道具「ほんやくこんにゃく」を知って、
会話を翻訳できたら、世界中の人とコミュニケーションが取れるのにな~

と思っていたら、実現したのがポケトークです。

会話しながら翻訳してくれるから、同時通訳してもらっている感じですよね。
海外旅行やビジネスでも、決まったフレーズが話せたらコミュニケーションが取れます。
なので、ポケトークがあれば、言葉の壁がなくなるってこと。

ポケトークが誕生してからは海外旅行していないから使ったことないけど、
今年はするのでポケトーク持っていくぞ!

カメラ付きで文字を翻訳してくれる機能付きのPOCKETALK Sは29,800円
翻訳のみ(のみ、といっても、すごい機能!)のPOCKETALK Wは19,800円(値下げしたみたいです)

書類やメニューが読めなくて困ったことになるかもしれないので、
買うならPOCKETALK Sだな~

口コミとか評判も気になるけど、これだけ売れているから、実際に使ってみるのみ!
まずは英語圏から攻めるとして、アメリカに行きたいな。




SIMは2年間使い放題。夢の通訳機「POCKETALK W(ポケトークW)」

コメント

タイトルとURLをコピーしました