キプチョゲ フルマラソン サブツー

Pocket

フルマラソンでとうとう2時間切りの記録がでましたね!
テンションがめっちゃあがりました!

男子マラソンの世界記録保持者のキプチョゲが1時間59分40秒の記録をマーク。
本レースでの記録は非公認ながら、人類がフルマラソンで2時間切れるということを証明したレースでした。

ペースメーカーが何度も入れ替わり、給水も何度もあったそうで、記録に挑戦できる大会だったようでして。

フルマラソンでの記録を塗り替えるには、ペースメーカーの存在が不可欠。
ペースメーカーが自分よりも速いペースで前を走ってくれるから、ポテンシャルを引き出せます。
でも、ペースメーカーが最後まで先導するということはないわけで(あれば、その選手より速いから自分が大会に出た方がいい)、30km過ぎたところでリタイアすることになります。

なので、もし最後までペースメーカーが引っ張ってくれれば、記録更新は夢じゃない!
ということでして、ペースメーカーが入れ替われたのが2時間切り、サブツー実現の秘策だったわけです。

 

非公認であっても2時間切ったので、公認レースでも2時間切りの可能性が出てきました。
例えば男子100mは10秒切るのに何十年もかかったのに、9秒台が出た年に何人も9秒台をマークしています。

 

さあ、東京オリンピックの男子マラソン、楽しみになってきましたね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました